好きな人から貰ったり、その日の気分によって好みの指輪を好きな指に着けてみたり、普段から何気なくはめている指輪。

好きな人からプレゼントされた指輪をはめるのは、「私の心は貴方に縛られているのだから、他の人には見向きもしないわ!」という意志の証し。

絶対的な契約条項を、彼氏以外の男性に明示しているようなもの。

では、夢の中ではどうなのでしょう?

夢占いにおいての指輪の夢は、結婚や恋愛やそれに付随する幸福の訪れ、または人間関係を築く上での契約や、束縛などの意味を象徴しています。

指輪の夢を見た女性は、指輪=結婚指輪を連想し、恋人の獲得や電撃的結婚を期待して、秘かに心弾ませることもあるかもしれません。

ですが、指輪が大きかったり、指輪を外したり、はたまた指輪を落としてしまったり……

これらが果たしてどんな意味合いを持つ夢なのか、夢占いで見ていきましょう。

夢占い 指輪 大きい 外す 落とす

指輪が大きい夢

はめている指輪が大きい夢には、いくつかの解釈が考えられています。

  1. 結婚に対する認識の甘さ。
  2. 恋愛面での意志の弱さ。タイプではない男性に押し切られるまま結婚してしまう可能性を示唆しています。
  3. 恋人や、周囲の人間と相性が悪いことを暗示しています。不満があるのに口に出せず、心に重くのしかかっている状態です。
  4. 自己顕示欲が強すぎて、周囲の人間に配慮が欠けている状態をあらわしています。
  5. 周囲の人間から信頼されていないことを意味しています。
  6. 独身の人では「結婚への大きすぎる願望」をあらわします。

既婚者では、「独身時代のままの金銭感覚で浪費したり、時間の配分を考えずに無計画に行動することで、結婚生活に対する常識が欠落している」ことを暗示しています。

ひいては離婚の可能性が高いことを意味しています。

  1. 自分や相手の浮気心。
  2. 自分にとっては手に余る人間関係に悩んでいることを意味しています。恋愛面で言えば、自分にはハードルが高い相手、仕事面では、「この仕事は自分には無理」と思っているなど。

こうして見てみると、サイズの合わない指輪をはめている夢は、相性が合わないなどの対人関係の運気の低下恋愛関係の運気の低下仕事面での自信の無さなどを意味していることがわかります。

スポンサードリンク

指輪を外す夢

はめている指輪を外す夢には、いくつかの解釈が考えられています。

  1. 恋の終わりや別れの暗示
  2. 恋愛運の低下や停滞。
  3. 信頼している人との信頼関係が終わりを告げる。
  4. 大切な人や大切な物を失いかけていることへの警告。

単に指輪を外しただけなら、物事は複雑化せず、時間と共に徐々に解決の方向へ向かいます。

指輪を外し、更にそれを投げ捨ててしまうなどの激しい行為は、何か心の奥底に根深い問題が潜んでおり、自らが行動を起こしてでも棄ててしまいたい、この関係を切り離したい、と思い詰めています。

痒くなって指輪を外したのなら、今の恋愛に対する羞恥心のあらわれを意味しています。

指輪を落とす夢

指輪を落とす夢には、いくつかの解釈が考えられています。

  1. 恋愛相手や結婚相手、または大切なものを失う。
  2. 恋愛相手に不満を持っている。

前の恋人から貰った指輪を落とす夢は、その人への想いが吹っ切れたことを意味しています。

一旦は落とした指輪を、また拾っている場合の夢は、相手との関係が修復可能な暗示です。

落とした指輪に気づいていても、そのままにしてしまう夢は、自分の心が恋人から既に離れてしまったことをあらわしています。

まとめ

サイズの合わない指輪をはめている夢は、残念ながら吉夢とは言えないことがわかりました。

また、指輪を外したり、落としたりする夢も吉夢ではないですね。

これは余談ですが、

現実世界で大きすぎる指輪をはめていたら、「いつか落とすかも!」と潜在意識下に刷り込まれてしまい、そのせいで夢でうなされる……という可能性もなきにしもあらず、ですよね。

そんなことのないよう、現実世界の指輪はぴったりジャストサイズがよろしいかと思います。

当サイトがおススメする無料占い

⇩ ⇩ ⇩

すごい当たると話題の無料占い!数字ですべてがわかっちゃう!?


スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事